【2018年度 大阪開催 第1回】 RFP作成5つの<重要な>着眼点 セミナー

オープニング   14:20~14:25
第一部   14:25~16:05 (100分)
 タイトル  システム企画者が知っておくべきRFP作成5つの<重要な>着眼点とは?
 講演者  NTTデータセキスイシステムズサービス&ソリューション事業部
                         主席コンサルタント 宮下 淳
 講演概要

システム提案の依頼時に作成するRFP(提案依頼書)。システムの運命を決める重要な
『定義書』ですが、あなたはポイントとなる着眼点をご存知ですか?

RFPの書き方に関する書籍やWeb記事は数多くありますが、その通りに作成したつもり
でも、なかなか うまくいかないことが多いと言われています。
 例えば、、、
 「要望を伝えたはずなのに、経営方針からずれた提案を受けたり…」
  「経営方針通りでも、導入後に現場から反発を受けて無用の産物になったり…」
これらは経営課題と現場課題を上手く整理し、
そして表現できなかったことが主な原因と言われています。

RFPとは、経営者と現場の課題をシステム要件として整理するだけでなく、ベンダーに
正確に伝えるための重要なバイブル・教科書です。

”RFPは一人では作成できません”

いかに経営者や現場を巻き込むか、と同時に、経営方針に沿って微修正しながら
作りあげていく、「プロジェクト推進力」が成功の可否を握っています。
もちろん、それをベンダーに伝えるための「表現スキル」も必要です。

そこで、27年に及ぶ現場コンサルティング経験から、
『経営者/現場の巻き込み方と、ベンダーが理解しやすいRFPの作り方』
を講義形式でお伝えいたします。

 受講対象  初めてRFP「提案依頼書」の作成に挑戦される方
 提案依頼書作成についての方法論を知らない方あるいは「独学・我流」の方
 RFP「提案依頼書」作成プロジェクトの推進方法を知りたい方
 経営者や現場担当者の意見を整理する方法を知りたい方
 ベンダーの本音「良いRFP・悪いRFPとは」を知りたい方
休憩   16:05~16:10 
第二部  16:10~16:40 (30分)
 タイトル  システム進化論とITロードマップ
 講演者  NTTデータセキスイシステムズサービス&ソリューション事業部
                         主席コンサルタント 宮下 淳
 講演概要  

企業の成長とIT進化の関係を将来の企業規模拡大に伴い、どのIT領域、どの時点で投資し、
取り組むべきかというガイドラインとしてご紹介いたします。

企業規模別に業務効率化領域、基盤共通化領域、付加価値向上領域の3領域について、
現在のIT導入状況及び将来の検討状況について調査した結果を、中小企業における
「IT進化ロードマップ」として整理し解説いたします。
また補足として最新の技術動向の3領域への適用についてもトピック的に取り上げ、最新技術を
どのように活用していくかのヒントとして解説いたします。

 

開催概要

日時 2018年5月21日(月)14:20~16:40(受付開始14:00)  
会場
大阪府 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル32階 323会議室 ※31Fから階段でお上がりください。
TEL:06-6373-8061
【交通手段】
・JR大阪駅より徒歩10分 ・阪急梅田駅より徒歩7分
・地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩7分
参加費 無料 
定員 10名 ※先着順で受付いたします。 
対象 「専門商社」「卸売業」「サービス業」の経営、企画、ITご担当者様
※同業(コンサルティング会社等)の方の参加はお断りさせて頂きます  
主催 株式会社NTTデータセキスイシステムズ
共催
協賛
内容  
備考  

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

セミナー事務局 森下(モリシタ)
TEL:06-6373-8061 
E-mail:seminar_ss@sekisui.com